DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

design

  • top
  • design
  • 人の写真でストーリー仕立てに。プレゼン資料デザインその2

人の写真でストーリー仕立てに。プレゼン資料デザインその2

graphic

  • top
  • design
  • 人の写真でストーリー仕立てに。プレゼン資料デザインその2

人の写真でストーリー仕立てに。プレゼン資料デザインその2

2019.02.28.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

前回紹介したプレゼン資料デザインその1がなかなか好評だったので、今回はその2ということで、違うテイストでデザインしたプレゼン資料を紹介したいと思います。毎月違うテイストで何年もつくってきたので見返すだけで懐かしいです(笑)。

プレゼン資料のデザインは、現在そこまで注力している企業や人はなかなか見かけません。だからこそ制作する資料にデザインの要素を入れることによって他と差別化できますし、印象に残り、信頼感を得ることもできます。資料づくりにおける「デザインの大切さ」を継続的に発信し続けたいと思っています。

このプレゼン資料のテーマは「人」

さて、今回の資料は1ヶ月でどんなことをやってきたか?の成果発表の資料だったのですが、このとき発表前にひとつの課題が見つかりました。「その課題をどうやって解決するか?解決させて次月以降にどう活かしていくのか?」を成果発表資料の前後に差し込みストーリー展開を意識しました。

実際に人物の写真を載せる

デザイン用語で人の目を引く工夫をすることを「アイキャッチ」と言います。それはキャッチコピーであったりイメージ写真であったりするのですが、1番効果的なのは人の顔(特に目)です。人は人の顔を見てしまうのです。そのテクニックを使い、実際にチームメンバーの写真を撮影して資料に載せよりストーリー性を出して見る人をさらに引きつけました。

BUROKIアイコン

この資料のためにわざわざ撮影・・(笑)

資料に載せる写真はよくあるフリー素材のモデル写真ではなく、実際の人の写真であればあるほど見る人に親近感を与え、オリジナリティも増すので興味深く見てもらいやすくなります。人の表情の変化だけでも飽きさせないための仕掛けにもなるのでぜひ一度試してみてください。

カラーはできるだけ少なく、フォントも同じものを使う

あとはデザインの見栄え的な部分でカラーとフォントを決めます。
カラーの数は多くても3色あればベースとなるカラー、キーとなるカラー、アクセントとなるカラーを決めることができ、統一感を出すことができます。なので出来るだけ色の数は少なくして大丈夫です。フォントも同じテイストのフォントで文字の太さとサイズを変えるだけで十分メリハリを出すことができます。

デザイナーでなくても簡単に資料のデザインを良くすることができるので、そのコツを少し前にブログに書いてみました。よかったらこちらもご覧になってください。

違う内容を見せたいからといっていろんな色やフォントを使ってしまうというのはデザインをあまりやられてない人がやりがちなのですが、それでは逆に伝わりにくくなってしまうので注意しましょう。

数字で伝える資料デザインその1も公開してます

プレゼン資料デザインを紹介したブログがすごくアクセスがいいので、他の資料デザイン記事を紹介しておきます。こちらは写真ではなく数字で見せることを意識したプレゼン資料です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

design list

デザイン作品一覧

goods

のぼり刃物店さんの創業51周年記念缶バッジとステッカーが届きました

先日制作実績にて紹介させていただいたのぼり刃物店さんの創業51周年グッズデザインですが・・。 缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年…

2022.04.23.

logo

缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年ロゴデザイン

いつもお世話になっている大阪茨木市にある老舗刃物店の「のぼり刃物店」さんより、今年も創業51周年にまつわるデザインの制作依頼をいただきました…

2022.04.07.

graphic

着るだけでデザイナーに?ニルヴァーナのパロティTシャツデザイン

実はフリーランスになってから、どうしても形にしたかったことがありまして・・。 それはデザイナーであることがわかるTシャツをつくるということで…

2022.04.02.

logo

生物科学を若者向けに親しみやすく。OMICS BASEのロゴマークデザイン

昨年末の実績になりますが、生物科学のwebメディア「OMICS BASE」のロゴを制作させていただきました。 OMICS BASEは若手研究者や学生に向けたwebメデ…

2022.03.21.

web

リブランディングを担う。SANDO BAGのwebサイトデザイン

ロゴデザイン、名刺デザインと紹介してきたSANDO BAGさんのリブランディング案件。 最後に紹介するのはブランドwebサイトです。 ブランドを再定義す…

2022.03.13.

web

宅麺.comでおなじみのグルメイノベーションのwebサイトリニューアル

コロナ禍になってからお店で飲食をすることが難しくなった一方、「おうち時間」や「おうちごはん」といったワードが一躍有名になりましたね。その延…

2022.02.25.

designをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル