DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

design

  • top
  • design
  • 罫線をうまく使って洗練された印象に。プレゼン資料デザインその3

罫線をうまく使って洗練された印象に。プレゼン資料デザインその3

graphic

  • top
  • design
  • 罫線をうまく使って洗練された印象に。プレゼン資料デザインその3

罫線をうまく使って洗練された印象に。プレゼン資料デザインその3

2019.05.20.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎日いろんなブログを書いて投稿しているこのBUROKI designのwebサイトですが(ご訪問ありがとうございます)、ありがたいことにプレゼン資料デザインのブログ記事が徐々に見られるようになってきています。

「プレゼン資料」ってデザイナーだけじゃなく普段違う仕事をされている人も普通につくるものだから、どんなデザインにしようか参考にされてるんでしょうか?それともどうしたらより良い資料になるか知りたいのでしょうか?

ボクは今まで様々なシーンに向けたプレゼン資料をつくってきたので、その辺のノウハウは多少は持っているつもりです。デザイナーがつくる余計なものを削ぎ落としたシンプルな資料から情報詰め込み系の事業計画書、社内向けの楽しい要素が入っている報告資料など・・インハウスデザイナーとして11年間働いてきた中で本当にいろんな資料をつくってきました。

今だから言えることですが、特に事業計画書は本当にキツかった・・締め切りがタイトな状況で数十ページにわたる資料作成・・数日徹夜で作成していたあの頃が懐かしいです。絶対戻りたくないけど(笑)。

なのでプレゼン資料関係のブログもこれから意識して書いていこうと思います。今回の資料デザインは罫線を使って制作したプレゼン資料です。

資料デザインの罫線の役割

資料を作成する際、罫線を使用している人は多いと思います。グラフや表をつくるとき、タイトルを目立たせるために下線を引く、1ページの中に違う内容のものを載せるときの仕切り線としてなど・・それらももちろん罫線の効果的な使い方です。

まだ他にもあります。
罫線は「ある要素とある要素の繋がりを表す場合」にも使えます。例えば下の画像のような罫線の使い方です。

プレゼン資料の罫線を使用している部分

図の説明などで見たことはあると思いますが、写真と文章の間に罫線を引いて文章をスムーズに読ませる。そしてもうひとつ、ページとページの関連を表すためにページ間に罫線を引く。

罫線と似たデザインのフォントを選ぶ

資料デザインのコツとして「要素を合わせる」という手法があります。例えばポップなデザインにする場合ならも丸みのあるフォントをつかい、図形も丸型や角丸を使うとよりデザイン全体に特徴が出ます。今回の場合でいうと罫線を多用していて、角が多いので角が目立つフォント「カレッジフォント」を使いました。罫線を枠として使う場合、フォントに合わせて角を斜めにするとより関連性が出てデザイン的にもユニークになります。

罫線とフォントを合わせている部分

BUROKIアイコン

デザインにも関連性は必要です!

他の資料デザイン記事も参考にどうぞ

ボクが書いているプレゼン資料デザインのブログはそれぞれのテーマをピックアップし、テーマに沿ったデザインの考え方や進め方を紹介しています。よかったらぜひご覧ください。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

design list

デザイン作品一覧

goods

のぼり刃物店さんの創業51周年記念缶バッジとステッカーが届きました

先日制作実績にて紹介させていただいたのぼり刃物店さんの創業51周年グッズデザインですが・・。 缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年…

2022.04.23.

logo

缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年ロゴデザイン

いつもお世話になっている大阪茨木市にある老舗刃物店の「のぼり刃物店」さんより、今年も創業51周年にまつわるデザインの制作依頼をいただきました…

2022.04.07.

graphic

着るだけでデザイナーに?ニルヴァーナのパロティTシャツデザイン

実はフリーランスになってから、どうしても形にしたかったことがありまして・・。 それはデザイナーであることがわかるTシャツをつくるということで…

2022.04.02.

logo

生物科学を若者向けに親しみやすく。OMICS BASEのロゴマークデザイン

昨年末の実績になりますが、生物科学のwebメディア「OMICS BASE」のロゴを制作させていただきました。 OMICS BASEは若手研究者や学生に向けたwebメデ…

2022.03.21.

web

リブランディングを担う。SANDO BAGのwebサイトデザイン

ロゴデザイン、名刺デザインと紹介してきたSANDO BAGさんのリブランディング案件。 最後に紹介するのはブランドwebサイトです。 ブランドを再定義す…

2022.03.13.

web

宅麺.comでおなじみのグルメイノベーションのwebサイトリニューアル

コロナ禍になってからお店で飲食をすることが難しくなった一方、「おうち時間」や「おうちごはん」といったワードが一躍有名になりましたね。その延…

2022.02.25.

designをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル