DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • iMac 2019に買い換え、メモリを32GB増設してみました

iMac 2019に買い換え、メモリを32GB増設してみました

design_thing

  • top
  • blog
  • iMac 2019に買い換え、メモリを32GB増設してみました

iMac 2019に買い換え、メモリを32GB増設してみました

2019.08.28.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近はロゴデザインも名刺デザインもwebデザインもコーディングもすべて昨年買ったMacBook pro2018でやっていたのですが、PCのメモリとかCPUとかのことにすごく疎いボクは低スペックのMacBook pro2018を買ってしまったのです(涙)。メモリはまさかの8GB・・それでも作業はできるものの、やっぱりスペックが低いのでよくフリーズしたりしてたんですね・・

BUROKIアイコン

MacBookは最低でもメモリ16GB以上を購入しましょう!

じゃあメモリ増やせばいいじゃない!と思われる人もいるかもですが、MacBook proは内蔵式になっているためメモリの増設ができないんです。iMacも持ってはいるものの、2011年に購入したものでモニターがもう点かない状態で(笑)、Appleのサポートは終了してるわ修理代は高いわで、これはもう新しいiMac買ったほうがいいんじゃないかということで・・悩みに悩んだ結果、ようやくiMac 2019を購入しました。

iMacで動画編集したいならメモリは最低でも16GBは必要

iMacを買ったのは実に8年ぶり・・高い買い物ですが、8年間頑張ってくれたと思ったらじゅうぶんですね。このiMacのメモリは購入した時点では8GB。デザイン制作をメインにするならこのままでもいいんですけど、写真や動画を制作・編集するとなると16GBは欲しく、ちょっと物足りない。

なので今回は増設用のメモリも購入しました。こういうところは成長の証ですね(笑)。まずは箱からそれぞれ出していきましょう。いつからかわからないですが、キーボードとマウスはBluetoothで通信するのでもう乾電池いらず。電池が切れたらiPhoneと同じく充電する仕様です。2011年版のiMacは乾電池だったので、当たり前ですがだいぶ進化してますね。

新しいキーボードとマウス

新しい機械の匂いっていいですよね。ちょっとパイナップルみたいな酸味が少しあるメカニックな匂い・・相棒としてのワクワク感を香りで引き立ててくれます。

増設用に購入したメモリ

iMac2019の増設用メモリはAppleの純正ではなく、Timetecというメーカーのメモリを16GBの2枚入りを買いました。Appleの純正メモリをオプションでつけて増設するより安くなるんですよね。

Timetecのメモリ16GB

iMacのメモリ増設はノートPC用でOK

このTimetecメモリはノートPC用なのですが、iMacのメモリはこれでいいみたいです。ここを間違えるとお金の無駄でしかないから絶対気をつけたいですよね・・

さて、購入したiMacの電源をつける前に、これで人生初メモリ増設をしてみましょう。

iMacのメモリ増設はすごく簡単!

本当にmacってすごいなーと思うのが、パソコンはキーボード、マウスなどの洗礼されたシンプルでおしゃれな外観デザインだけじゃなく、パッケージから「iMacを購入して使うまで」の体験がしっかりデザインされてるんですよね。

なのでメモリの増設も初心者でも簡単にできるように設計されてるんです。まずiMacの裏側の電源コンセントを挿す部分の上のドアを開けます。コンセントの上にある小さなボタンを強く押すと上のドアが開くような設計になっています。けっこう強く押さないといけないんで、カギとか使ったほうが良さそうですね。

macの裏側のメモリドア

開けてみるとこんな感じ。買った状態は8GBと前述しましたが、4枚メモリを挿すスロットがあって、デフォルトでは4GBのメモリが2枚挿さっています。なぜひとつ飛ばしで挿さっているのかは謎ですが・・この空いているところに購入したメモリを挿すだけの作業です。

最初の8GBだけ挿さっているメモリ

外れないように補強されているレバーを外し、増設用のメモリを挿すとこんな感じ!

メモリを挿したあとのメモリドア

4枚挿せるスロットがありますが、全部挿しました(笑)。メモリの大きさも合っていてひと安心です。これでボクのiMacもさらにパワーアップしたはずだ・・早速ドアを閉め、電源を入れてみます。この待っている間がすごくドキドキワクワクするんですよねーiMacって。

電源を入れたあとの画面

iMacのメモリ増設手順

今回ボクがおこなったメモリ増設の手順は以下の工程です。

procedure

増設手順
  • 1. iMacの裏側の電源コンセントを挿す部分の上のドアを開ける。
  • 2. 補強レバーを外す
  • 3. 2枚挿さっているので追加でメモリを挿す(合計4枚挿せます)
  • 4. ちゃんと挿さっているか確認後、ドアを閉める
  • 5. 電源を入れてメモリが増えているか確認

ざっとまとめるとこんな感じなのですが、メモリの増設手順はちゃんとした方法をAppleがwebサイトで紹介してくれているので、不安な人はこちらを参考にしてみてくださいね。

電源を入れ、メモリを確認してみると・・

macのメモリ確認方法は、モニター上部のメニューバー左のリンゴマークをクリック、「このmacについて」メニューを選択するとすぐに確認できます。その手順で確認してみると・・

無事に40GBに増強されていました!よかったー。僕が所有した中でも最高数値のメモリ数です(笑)。デザイン業務でバリバリ使っていた会社のPCでも12GBまでしか増やしたことなかったんで、かなりの増強ですね。これでずっと悩まされていたフリーズともおさらばできるのか・・今から楽しみです。

無事に40GBに

そして作業場であるウォークインクローゼットのテーブルに配置。より制作環境を整えることができました。

作業場に配置したiMac

今年に入ってからはもっぱらMacBookで制作していたので操作にまた慣れるところからですが、せっかく増強したので使わないと意味ないですね。これからもBUROKI design、頑張ります!

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

design_thing

プロのデザイナーがpowerpointでの資料制作でよかったことを書いてみた

またまた資料デザイン関係のブログになりますが・・ 少し前にofficeのソフト「powerpoint(パワーポイント)」で資料を制作したときに「困ったこと」…

2020.04.07.

think

【祝】2020年3月の月間PV数が10,000ページビューを突破しました

2018年の11月からこのブログ更新をはじめ・・ それから1年と5ヶ月が経った2020年3月、ついに・・BUROKI design webサイトの月間のページビュー数が10…

2020.04.05.

private

コロナウイルスから身を守る!2020年マスク探しの旅 in 天王寺と寺田町

今年から登場して、いまや世界中に脅威をもたらしているコロナウイルス・・本当に毎日大変ですね。 ボク自身、予防は常に心がけていますが、予防する…

2020.04.03.

design_thing

デザインを無駄にしない!バナーを制作する前に把握しておきたいこと

instagramなんかでデザインを勉強している人たちがよく練習でつくったバナーのデザインを投稿されています。 例えばある商品を訴求したい場合、その…

2020.04.01.

design_thing

プロのデザイナーがpowerpointを使った資料作成で困ったこと5つ

今年の2月と3月の2ヶ月間、昨年末から決まっていたスケジュールどおり、powerpointでの資料制作に没頭していました。 制作したページ数は合計でなん…

2020.03.30.

private

京都の烏丸、河原町、二条にあるレトロな喫茶店をめぐり歩いてきました

デザイン制作が立て込んでいたこともあったりコロナの影響もあったりで、最近はあまりちゃんとした外出をしていなかったのですが、この前の水曜日は…

2020.03.28.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル