DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • フリーランスデザイナーを続けるためには、気持ちの切り替えが何より大事

フリーランスデザイナーを続けるためには、気持ちの切り替えが何より大事

think

  • top
  • blog
  • フリーランスデザイナーを続けるためには、気持ちの切り替えが何より大事

フリーランスデザイナーを続けるためには、気持ちの切り替えが何より大事

2021.04.13.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

何年か前になりますが、「自分が考えるプロフェッショナルとは?」というテーマでブログを書いたんです。

このブログを書いたのが2019年の4月。
勤めていた会社を退職してはいましたが有給消化中で(いま思うと有給っていい制度だなぁ)、フリーランスとしてはまだ開業していなかったんですね。

この頃は会社員だったからか、基本的にデザイン(仕事)に関することに考えが集中していて、「お金が発生していたらプロフェッショナル」という締め方をしているのですが、フリーランスとして開業してもうすぐ丸2年。フリーランスは一人で受注から制作まで手掛けるのでいわばプロのデザイナーです。プロになって2年が経過し、この「プロフェッショナルとは?」というところのボク自身の考えが多少変化してきました。

今回のブログでは、自分のプロフェッショナルに対する意識の変化と、フリーランスとしてやっていくために必要な考え方を書いてみたいと思います。

BUROKIアイコン

これからフリーランスデザイナーになろうとしている人にこそ読んでほしいです。

フリーランスになって思うプロフェッショナルとは?

約2年前のブログではプロフェッショナルであることを4か条として

  • 1. オープンであること
  • 2. いい意味で力が抜けていること
  • 3. デザインが好きであること
  • 4. 謙虚であること

を挙げていました。
でも今となっては、これらはデザイナーの仕事として至極当たり前のことだなぁと感じています。デザイナーである以上、デザインは出来て当たり前です。フリーランスとして個人で活動をしていくに当たって、一歩引いたところに大事なことがあると気付きました。

それは人とのコミュニケーションです。
制作依頼をしてくださる人は個人であろうが法人であろうが「人」です。当然ですがいろんなクライアントさまがいて、そのほとんどの人が今までの人生で出会ったことがない人たちです。

そして人によって性格、仕事、ご依頼の文面、良いと感じるもの、コミュニケーションの仕方など全然違います。ほとんどの人たちが自分なりの人生を歩んできていて、それなりの価値観を持っています。それはもちろんボク自身も同じで、ボクなりの価値観を持っていて、良いと思うデザインがあれば、制作できるデザインにももちろん領域があり、反面限界もあります。そしてそれは他のデザイナーも同様です。

クライアントさまはまず、自分の価値観に合ったデザインをする人なのかどうかをデザイナーの制作実績を見て判断します。その判断の上で制作依頼から仕事につながり、クライアントさまの価値観とボクの価値観が合致したときにはじめて「デザイン」が成立します。

しかし、制作するのが人であれば、それを判断するのも人。方向性が同じだと思ってつながった仕事でも、どこかの価値観に相違があり、デザインとして成立しないこともあります。いわば破談・失敗ですね。

そのときに「気持ちをすぐに切り替えられる人こそがプロフェッショナルである」ということに気付きました。

ボク自身、失敗した仕事もあります

約2年、BUROKI designとしてやってきましたが、その間にいろんな人たちからのお問い合わせをいただきました。

ありがたくお仕事につながり、今も一緒にお仕事させてもらっているクライアントさまもいれば、仕事につながったものの一度の制作だけにとどまった人、数年置きにお仕事のご連絡をくださる人、コミュニケーションの途中で音信不通になる人、まったく素性を明かさず自分の聞きたいことだけ聞いて去っていく人・・いろんな人たちがいました。そしてこれから先もいろんな人とコミュニケーションをとり続けると思います。

仕事に関してもスムーズに制作、納品まで進められたものもあれば、どんなに尽力してもクライアントさまが満足するデザインができず、案件がなくなったこともあります。時間をかけて制作したものがクライアントさまに良いと思ってもらえなかったときは・・長年デザインをやっていても正直、凹みます。

プロ野球選手でも7割は打てない

デザイナーはすべての仕事に対して100点を出そうと心がけていて、すべての案件をデザインとして成立させ、依頼してくださったすべてのクライアントさまを満足させようとします。ボク自身も同じで、そのための努力は日々しているつもりです。

しかしデザイナーも人間です。人間なのでもちろん失敗もあります。
失敗したことに凹むだけでなく、どこかダメだったのかを冷静に分析して反省し、次の制作に活かしていく。そういった前向きな気持ちの切り替えができる人こそボクはプロフェッショナルだと思うようになりました。

よく例にされますが、イチロー選手のような日本一有名な野球選手でも3割しか打てません。7割はアウトになっている、失敗しているんですね。どんなにすごいプロスポーツ選手でも失敗する。だからデザイナーも失敗していいんです。

デザインがボツになったから向いていない・・ではなく、それはクライアントさまと合わなかっただけ。必ずあなたに合うクライアントさま、あなたのデザインが好きと言ってくれるクライアントさまは現れます。その人たちと出会うまで、気持ちをどんどん切り替えてポジティブに活動していく。それがフリーランスデザイナーを続けていく上で大事なんじゃないかなと思っています。

BUROKIアイコン

「失敗」もリアルとして届けられるデザイナーになりたいですね。
スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

favorite

ちゃんとoisixの20周目の夕食フォトギャラリーまとめ

8月2日から大阪は再度緊急事態宣言が出されそうですね。 いやー、また自粛生活でしょうか・・お店は相変わらず20時には閉店。これ本当にいつまで続く…

2021.08.01.

think

フリーランス3年目、自分の強みを改めて書き出してみた

フリーランスになって約2年以上が経過し、いろんなクライアントさまとお仕事する機会も増えてきていて、その際に打ち合わせなどで話していくうちに「…

2021.07.30.

design_thing

illustratorで横長の円形オブジェクトをふわっと変形させる方法

デザインしてると場合によっては人物やキャラクターがセリフを言っているように見せるためにフキダシが必要になることってありますよね。フキダシの…

2021.07.28.

private

駒川商店街にある「ishi-so」でスープカレーとマンゴーラッシーを食す

ひさしぶりに駒川のグルメ案内ブログです。 ランチ時間に駒川商店街のちょっとはずれにある「スープカレーとカフェ ishi-so(イシソ)」へ行ってきま…

2021.07.26.

favorite

ちゃんとoisixの19周目の夕食フォトギャラリーまとめ

連日暑い!暑すぎますね! もうさすがに梅雨明けかな?朝ラン継続していますが熱中症にならないか心配しながら走っています・・。長居公園にあったセ…

2021.07.22.

think

つくれるだけでは需要はない。求められるデザイナーの「提案力」とは?

フリーランスという働き方が世に浸透してきた昨今、専門学校や職業訓練学校などでデザインを学び、そのまま個人として活動するフリーランスデザイナ…

2021.07.18.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル