DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • インスタグラムにて質問スタンプのやり方と実際にやってみた結果・感想

インスタグラムにて質問スタンプのやり方と実際にやってみた結果・感想

think

  • top
  • blog
  • インスタグラムにて質問スタンプのやり方と実際にやってみた結果・感想

インスタグラムにて質問スタンプのやり方と実際にやってみた結果・感想

2020.05.05.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ボクのインスタをフォローしてくださっている人はご存知かもですが、半年から1年に一度くらいのペースでBUROKI designの質問スタンプ(というかコーナー?)「それ、ブロキに聞いてみよう」を開催しています。デザインのことやフリーランスのこと、政治・経済・芸能・人生相談など、どんな内容でもいいので何でもお気軽に質問してくださいという趣旨のゆるい質問スタンプです。

BUROKIアイコン

知らないという人はインスタフォローお願いします(笑)。

先週の日曜日、久しぶりに「それ、ブロキに聞いてみよう STAY HOME」と題して質問を募集してみました。最近はあまりこの機能を使う人も減ってきている印象ですが、実際にやってみるとどのようなことが起こるのか、経験を通じてブログに書いてみたいと思います。

質問コーナー それ、ブロキに聞いてみよう
インスタ質問コーナー「それ、ブロキに聞いてみよう」

まずはインスタグラムの質問スタンプのやり方手順

インスタにて質問を募集する手順はすごく簡単です。ボクのやり方を大まかに箇条書きにすると、下記の手順になります。

  • 1. まずは質問募集用と回答用の画像をつくる
  • 2. インスタを開き、ストーリー投稿時の「+」アイコンをタップ
  • 3. 1.でつくった質問募集用の画像を背景にし、スタンプ一覧から「質問」を選択
  • 4. 質問箱にテキストを入力(3行ほどの文字数制限あり)
  • 5. 質問スタンプ開始

こんな流れです。一度やってしまうと簡単です。
質問スタンプは通常のストーリーと同じく24時間有効で、そのストーリーを見て質問してみたい!と思った人が質問ボックスに質問を入力してくれることで、その質問に対して回答するというのがインスタの質問機能の使い方です。

ちなみにボクの場合は、質問コーナーということがわかりやすいように、質問募集用と回答用の画像を先に準備しますが、これはやってもやらなくてもいいと思います。

質問募集用と回答用の画像
わざわざ質問募集用と回答用の画像をつくっています(笑)

24時間が経過すると質問スタンプのストーリーや質問に対しての回答などはハイライトに移動します。

質問スタンプをやってみた結果と感想

今回の質問スタンプで実は通算3回目。
いただいた質問の件数は第1回目から順に11件、2回目は13件、そして今回は22件と、質問件数の過去最多記録を更新しました!回を重ねるごとに質問件数が上がっていてひと安心・・まったく質問なかったら凹みますしね。

質問への回答一覧画像
いろんな質問をいただき本当に感謝です

ボクがいただく質問はほとんどがデザインやフリーランスのことで、今回のコーナーではデザインをはじめたきっかけや、なぜフリーランスになったのか?という気になるきっかけの部分やデザインやこれからの生き方に対しての悩みなどが多かったです。

質問スタンプの気になる部分

例えば何気なくフォロワーさんのストーリーを見ていたとして、そのなかで誰かが質問スタンプを設置していたとします。そこで質問してみたらどうなるのか?知らない人は気になりますよね。

実際に質問スタンプを設置したことがあるので、質問をしてみたとき、設置して質問がきたときと回答したときの流れをご紹介します。

質問スタンプに質問してみた場合

まず質問した場合、あなたの名前と質問内容は質問スタンプを設置した人に届きます。質問スタンプを設置した人は、下記のような画面でもらった質問を確認することができます。匿名で質問することは不可能です。

質問がきたときの画面
スタンプ設置後、質問がきたら内容と名前を確認できます

質問に回答された場合

質問をした場合、スタンプ設置した人に名前と質問内容が送信されますが、質問に対する回答は、基本的にストーリーと同じくインスタ全体にシェアされるので匿名になります。

なので悩みや相談も比較的しやすいとは思います。質問に回答されたあと、質問スタンプを設置した人とDM(ダイレクトメール)でさらに深い話もできたりするので、聞いてみたいことがあれば積極的に利用してみてもいいと思いますね。

質問スタンプはフォロワーさんとのコミュニケーションに使えます

このように、普段の投稿だけでは知り得なかった悩みや思いを質問をきっかけに共有することができるので、フォロワーさんとの少し踏み込んだコミュニケーションをとれるという意味ではインスタの質問スタンプは有効だと思います。

BUROKIアイコン

いろんな人と話せて楽しいですよ。

質問スタンプの頻度としては、ボクは半年に一度くらいを目安にしていますが、そんなに有名でもない人の場合そのくらいの頻度のほうがいいような気はしますね。

質問に答えすぎるとフォロワーが減るおそれも・・

質問スタンプをやってみた人はわかると思うのですが、質問に回答すると、インスタの画面上部のストーリー一覧に最新順として再度表示されます。つまり、質問が多くきて回答すれば回答するほどストーリーの最新に表示されてしまうんですよね。

回答後のストーリー一覧画像
まぁ〜たアイツのストーリーだよ・・なんて思われる危険性も

その質問スタンプに興味がない人にとって、ボクのストーリーがことあるごとに最新に表示されてしまうのはストレスに感じる人も出てくると思われます。それでフォロワーだった人が離れていく・・そういうこともありえますね。ボクも実際に質問スタンプをやっている最中に5名ほどフォローを外されました・・(涙)

まぁそれまでの関係性だったということなんで、割り切ってしまえばいいだけなのですが、やっぱり寂しいですよね・・。

インスタグラム質問スタンプの個人的な結論

今回を含め今まで計3回質問スタンプを設置しましたが、質問スタンプを設置する頻度は半年に一度くらいで、設置したときはがっつり密に質問にお答えする!というのがインスタの質問スタンプの個人的な結論です。

やってみると意外と楽しいので、気になっている人はぜひ試してみてください!

インスタライブ配信の感想記事もよく読まれています

質問スタンプのほかに、去年の夏ごろにインスタにてライブ配信をしてみたときの感想を書いた記事もよかったらどうぞ。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

design_thing

写真に文字を乗せる画像作成時のデザインバリエーション

このブログのサムネイル画像をつくるときにボクもよくやっている「文字が載っている画像」。YouTube動画のサムネイル画像ではもはやおなじみになって…

2020.09.22.

think

フリーランスとしてクライアントさまの成長ほど嬉しいものはありません

先日、こんなうれしいことがありました。 制作させていただき、7月末にwebサイトを無事公開したナノナノファクトリーさん(以下ナノさん)。 サイト…

2020.09.20.

private

高反発マットレスmotton(モットン)は腰痛改善の救世主となるのか?

昨年から整体院に通うようになったことは以前このブログでもお知らせしましたが・・。それからも通い続けてはいるものの、その場しのぎ感がどうして…

2020.09.16.

think

MakeShopでECサイトを制作するときの特徴と注意点をまとめてみた

現在、いつも制作させてもらっている「のぼり刃物店」さんのECサイト制作をしています。 今回のECサイトはGMOさんが運営する「MakeShop(メイクショ…

2020.09.12.

think

クセが強すぎる?前職のユニークな企業文化をご紹介します

7月くらいですかね?少し前の話ですが、ボクがフリーランスになる前にインハウスデザイナーとして勤めていた会社が、テレビ番組「カンブリア宮殿」に…

2020.09.10.

think

このwebサイトのリピーターはどれくらいいるのか?を調べてみた

webサイトを訪れる人には2種類います。 その2種類とは一度しかサイトを訪れない人と、再度訪れてくれる人です。 webサイトを運営している側としては…

2020.09.06.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル