DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • 要注意。デザイナー志望者が応募・面接時に絶対言ってはいけないこと

要注意。デザイナー志望者が応募・面接時に絶対言ってはいけないこと

think

  • top
  • blog
  • 要注意。デザイナー志望者が応募・面接時に絶対言ってはいけないこと

要注意。デザイナー志望者が応募・面接時に絶対言ってはいけないこと

2019.10.17.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

デザイナーになりたい人にとって、まずはじめの関門になるのが「面接」。当然ですが面接に受からないとデザイナーにはなれませんよね。

ボクは前職でデザインチームを率いていたころは新しいメンバーを採用するときに求人サイトでデザイナーを募集し、応募してくれた方々と何度も面接をした経験があります。デザイナーとして働いたことのある人から職業訓練校を卒業し、これからデザイナーとして活動していこうと思っている人まで、いろんな人と面接させてもらいました。

ボク自身も未経験から面接で採用をいただきデザイナーとして働いてきたので(ほとんどの人がそうですが)、なるべく経験・未経験問わず提示してもらった作品の良し悪しやその人のデザイン作品に対する考え方で採用不採用の判断をしていました。

あまり語られないデザイナー採用時のもうひとつの判断基準

ここまではよくある採用基準で、デザイナー志望者の人たちもこの辺は意識されて面接にのぞんでいることでしょう。ですが、実はもうひとつ面接時の判断基準があります。それは「デザインに対する姿勢」です。

採用されたとしたらどんなことをやってくれるのか、デザイナーとしてどうなっていきたいのか、自分にとってデザインはどのような立ち位置で、どれくらいデザインが好きなのか・・その人のデザインに対する「姿勢」は応募時の志望動機の文章や面接時の会話によって度々表れます。そして、特に未経験者に多いのですがほとんどの人がこの言葉を使ってしまいます。

未経験者のほとんどがこの残念な言葉を使っている

ここから先は企業でデザイナー採用をしていたころの感想を用いて文章を書いていきます。面接や応募時に使ってはいけない言葉があります。その言葉とは・・

それは「学ばせてください」という言葉です。

この言葉を使う人が本当に多いんです。少なくともボクはガッカリしていました。学校でwebデザインを学び、そこから仕事にしたいと考えている人はけっこう多いと思います。その習慣が抜けないのか、会社でもまだ人から学ぼうとする・・ボクはこの言葉を使った人を採用することはありませんでした。なぜお金(給料)を払ってまで「自分の学び」を中心に考えている人を採用しないといけないのか、ボクからしても意味がわからなかったからです。

デザイナー未経験者に即戦力はもちろん求めていませんし、企業によってデザイン制作のやり方やテイストは異なるはずで、経験者にとってもいきなり戦力になることは実際はほとんど稀でしょう。個人差があるにせよそれなりの時間は要します。

ボクも前職に入社するまでは完全にデザイナー未経験で、というかデスクワーク自体やったことがないくらいの人間でしたが、デザイナーになるにはどうしたらいいか、採用されるには何が必要かを考え、その準備に一年間を費やし面接に臨みました。そして面接時に「御社でデザインを学ばせてください」という言葉を一切使ったことがないですし、「こんなことができるので、必ず貢献します!」という姿勢で臨んでいました。

ネガティブな感情をポジティブに着地させる。採用活動すらデザインを

根性論になるかもしれませんが、デザイナーという働き方はどんな形であれ、好きじゃないとやっていけない職種です。

あなたは好きなものや人に対してどう接していますか?
例えば好きなアーティスト。このギタリストみたいにギターを弾いてみたいと思ったら、自分でお金貯めてギターを買って、CDを何度も聴いて「耳コピ」して弾けるように練習する・・例えば好きな人。その人が誕生日や記念日ならサプライズで喜んでもらえるようなことを考えよう・・そんな経験ありませんか?

実はこれ、デザインに対しても同じことが言えてしまうんです。

好きなデザインを仕事にするにはどうしたらいいのか?そこから逆算して考えていくと、面接受けるときに何をすればいいのか、何が必要なのか、見えてくると思うんですよね。「仕事(就職)したいからデザインをしよう」という考え方の場合、まず面接に行くということが最優先になりますね。とりあえず入社して、入ってから考えよう。そんな人が多いように感じていました。

ですが、デザイナーは技術職です。
技術が必要だから人を採用するのであって、技術を養っていける環境があるわけではないです。それは自分でつくっていかないといけない部分です。自分で考えて自分で行動し、形にしていく。それこそがデザイナーにおけるデザインに対する姿勢ですよね。

未経験だから不安だという気持ちはボクもすごくわかります。でも言わないといけない言葉は「学ばせてください」ではなく、拙いながらも一生懸命デザインした作品を提示し、「未経験ですが、これから必ず全力になります!」という意志です。最後をポジティブに変換できたら、採用側の印象もガラッと変わります。間違いないです。今後のためにもまずは面接をデザインしましょう。

これを読んでくださったデザイナー志望の方々に、少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

design_thing

写真に文字を乗せる画像作成時のデザインバリエーション

このブログのサムネイル画像をつくるときにボクもよくやっている「文字が載っている画像」。YouTube動画のサムネイル画像ではもはやおなじみになって…

2020.09.22.

think

フリーランスとしてクライアントさまの成長ほど嬉しいものはありません

先日、こんなうれしいことがありました。 制作させていただき、7月末にwebサイトを無事公開したナノナノファクトリーさん(以下ナノさん)。 サイト…

2020.09.20.

private

高反発マットレスmotton(モットン)は腰痛改善の救世主となるのか?

昨年から整体院に通うようになったことは以前このブログでもお知らせしましたが・・。それからも通い続けてはいるものの、その場しのぎ感がどうして…

2020.09.16.

think

MakeShopでECサイトを制作するときの特徴と注意点をまとめてみた

現在、いつも制作させてもらっている「のぼり刃物店」さんのECサイト制作をしています。 今回のECサイトはGMOさんが運営する「MakeShop(メイクショ…

2020.09.12.

think

クセが強すぎる?前職のユニークな企業文化をご紹介します

7月くらいですかね?少し前の話ですが、ボクがフリーランスになる前にインハウスデザイナーとして勤めていた会社が、テレビ番組「カンブリア宮殿」に…

2020.09.10.

think

このwebサイトのリピーターはどれくらいいるのか?を調べてみた

webサイトを訪れる人には2種類います。 その2種類とは一度しかサイトを訪れない人と、再度訪れてくれる人です。 webサイトを運営している側としては…

2020.09.06.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル