DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

design

  • top
  • design
  • 他のブランドと差別化を図る。ヴィンテージ風の下げ札デザイン

他のブランドと差別化を図る。ヴィンテージ風の下げ札デザイン

graphic

  • top
  • design
  • 他のブランドと差別化を図る。ヴィンテージ風の下げ札デザイン

他のブランドと差別化を図る。ヴィンテージ風の下げ札デザイン

2021.07.06.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先月納品したばかりの制作実績です。
フリーランスになってはじめて下げ札のデザインをさせていただきました。

下げ札とは、ブランドの服などについている商品タグのことで、ブランドのイメージや世界観を演出することができ、ブランド価値を高めるために制作されたりします。

ヴィンテージ風デザインの制作依頼

これから売り出していくシャツブランドを他のブランドとの差別化や、ブランドそのものの価値を高めるためにと制作依頼をいただき、制作する前に打ち合わせしたところ、ヴィンテージテイストで制作してほしいとのことでした。他に挙がった要望としては、

  • 3、40代の男性がターゲット
  • スタイリッシュなイメージ
  • ポップになりすぎない

などなど・・。
ボクの制作実績やブログを見てくださったようで、「この人ならヴィンテージ感のあるデザインをしてくれそう」というイメージを持ってくださり、依頼してくださったようです(感謝)。

ヴィンテージテイストの制作はボク自身得意分野ではありますが、なかなか仕事で制作することがないのでうれしかったです。

指定されたイラストを使って制作

クライアントさまのほうで少しだけイメージを持たれていて、「このイラストを使ってデザインしてほしい」と男性のイラストをご用意いただきました。

ご用意いただいた男性のイラスト
ご用意いただいた男性のイラスト

このイラストを使ってヴィンテージテイストの下げ札を制作する。ボクとしてはこのイラストをどこまで加工するのか、線や塗りはどこまで残すのかなどを考えながらデザインすることにしました。

まずはイラストを加工

下げ札のデザインを考える前に、まずはいただいたイラストを加工します。
ある程度リアリティのある雰囲気を出すのか、影の濃淡を残すのか・・いろいろ試行錯誤したのですが、どの加工がヴィンテージ感を出せるのか比較検討しながら制作した結果、多少粗さを残したモノクロ加工にしました。

加工したイラスト
左側から右側に加工しました

モノクロ加工した理由としては一番ヴィンテージ感を出せそうなテイストだからという理由もあるのですが、印刷する用紙をクラフト用紙やヴィンテージ感のある用紙を想定していたため、できるだけ印刷に使うインクの色の数を抑えたかったからです。

印刷に特殊な用紙を使う場合は、その用紙の風合いを活かすデザインにしたほうがより味のあるデザインになります。

2種類のヴィンテージ風下げ札が完成

イラストが完成したあと、下げ札をつくっていきます。
サイズはあらかじめ決めていただいていたので、必要な情報(ロゴとサブキャッチ)とイラストとの調和を考えながらヴィンテージ感を意識しつつ2種類デザインしました。

まずはこちらの下げ札デザイン。

ヴィンテージ風下げ札デザインその1
縦長のスタイリッシュなフォントを使用したデザイン

ブランド名の「ESTROVERSO」がやや文字数が多く、横幅が狭い中で改行することなく1行に収めたかったので、スタイリッシュな雰囲気のある縦長のフォントを使用しました。

ヴィンテージテイストのロゴデザインその2
縦長フォントを用いたヴィンテージロゴ

ヴィンテージ間を出しながら男性らしさも表現できていると思います。
そしてもうひとつがクライアントさまからの要望があったフォントを使用したデザイン。

ヴィンテージ風下げ札デザインその2
要望のあったフォントを使用したのはこちらのデザイン

「こういうフォントを使用してください」と具体的なイメージを共有していただいたので、そのフォントを探したのですが、なかなか同じフォントが見つからなかったので、似たフォントをアレンジしてロゴを制作しました。それが下記の画像です。

ヴィンテージテイストのロゴデザインその1
既存フォントをアレンジしたロゴ

こちらもヴィンテージ感が出るように加工。
この2種類の下げ札デザインをクライアントさまに提案したところ、まさか2種類くると思っていなかったようで、両方ともクオリティが高い上にしっかりデザインされているので、どちらを選ぶかめちゃくちゃ悩まれていました・・(笑)。

関係者の方々と多数決で選んだ結果、前者のデザインを採用。とても満足してくださいました。

都合により印刷の対応はクライアントさまのほうですることになり、ボクは下げ札のデザインデータを納品することでこの制作案件は完了しましたが、実物の仕上がりがどのようになったのか、気になるのでまた後日見せてもらおうと思います。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

design list

デザイン作品一覧

goods

のぼり刃物店さんの創業51周年記念缶バッジとステッカーが届きました

先日制作実績にて紹介させていただいたのぼり刃物店さんの創業51周年グッズデザインですが・・。 缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年…

2022.04.23.

logo

缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年ロゴデザイン

いつもお世話になっている大阪茨木市にある老舗刃物店の「のぼり刃物店」さんより、今年も創業51周年にまつわるデザインの制作依頼をいただきました…

2022.04.07.

graphic

着るだけでデザイナーに?ニルヴァーナのパロティTシャツデザイン

実はフリーランスになってから、どうしても形にしたかったことがありまして・・。 それはデザイナーであることがわかるTシャツをつくるということで…

2022.04.02.

logo

生物科学を若者向けに親しみやすく。OMICS BASEのロゴマークデザイン

昨年末の実績になりますが、生物科学のwebメディア「OMICS BASE」のロゴを制作させていただきました。 OMICS BASEは若手研究者や学生に向けたwebメデ…

2022.03.21.

web

リブランディングを担う。SANDO BAGのwebサイトデザイン

ロゴデザイン、名刺デザインと紹介してきたSANDO BAGさんのリブランディング案件。 最後に紹介するのはブランドwebサイトです。 ブランドを再定義す…

2022.03.13.

web

宅麺.comでおなじみのグルメイノベーションのwebサイトリニューアル

コロナ禍になってからお店で飲食をすることが難しくなった一方、「おうち時間」や「おうちごはん」といったワードが一躍有名になりましたね。その延…

2022.02.25.

designをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル