DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

design

  • top
  • design
  • 捨てさせないをコンセプトに制作した2017年酉年の年賀状デザイン

捨てさせないをコンセプトに制作した2017年酉年の年賀状デザイン

graphic

  • top
  • design
  • 捨てさせないをコンセプトに制作した2017年酉年の年賀状デザイン

捨てさせないをコンセプトに制作した2017年酉年の年賀状デザイン

2019.01.20.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎年11月ごろから考えはじめる年賀状・・皆さんはどんな年賀状をつくられていますか?

わざわざハガキとして送らなくても今はネットに便利なツールがたくさんあるので、メールやLINEでさらっと新年の挨拶を済ませる人も多いかと思います。ですがビジネスではそうはいかないのか、ボクが勤めている会社にはまだまだ毎年たくさんの年賀状が届いています。

BUROKIの年賀状コンセプト

ここでボクの年賀状に対する考え方なのですが、皆さんご存知のように、年賀状がポストに届くとき1枚だけならまだしも複数枚になると輪ゴムでまとめられて投函されていますよね。

どんな年賀状であろうが表面には住所が印刷されてあり、裏面には何かしらのデザインが施されています。一言直筆でコメントを書かれているものもあれば、コンビニで年賀状を買った場合でも「どれにしようかな?」という選択の時間が入っているはずです。すべての年賀状に多少なりとも時間や思いがかけられている・・
ですが悲しいことに輪ゴムでまとめられていると他の年賀状と一緒に流し見されることになってしまい、せっかく凝ったデザインにしても印象に残らないことも多く、そのままどこかの棚に放置されたり・・最悪の場合、上の年賀状とくっついてたりして見られていない!なんてことも・・

そこでボクは考えました。
「せっかく年賀状出すなら、まとめられない、捨てにくいものにしよう」と。(笑)

年賀状をハガキで出すのをやめた

年賀状のデザインというと大体裏面に集約されています。どれほどのクリエイターやデザイナーが裏面のデザインに時間を費やしたとしても、ハガキサイズであれば間違いなく他の年賀状とまとめられてしまいます。
まずはここを回避しなければいけない・・なのでボク個人として出す年賀状は2014年からハガキをやめました。

今回は2017年に特定の人にのみ送った年賀状を紹介しますが、このときはコースターを送りました。

2017年に送った年賀状コースター

2017と干支の酉年を組み合わせたオリジナルのデザインに、新年カラーである赤と白の2種類のコースターを制作。印刷は活版印刷になっていて、昔ながらの印刷方法を楽しむこともできます。(わからない人のほうが多いと思いますが 笑)

活版印刷でつくったコースター

「このコースターで新年から誰かと一杯やってほしい」という思いも込めました。

カップを置いたコースター

これどうやって送ったの?と思われた人もいると思いますので説明しますと、封筒に入れて送りました。封筒に入れるとハガキとはまとめられないし、コースターは実用性があるので読む以外にも用途がある・・
年賀はがきじゃないからお年玉番号ついてないやん!という方・・大丈夫です。今は切手にお年玉番号がついているものがあります。

「どうせなら」という考え方がクリエイティブにつながる

年賀はがきより費用はかかってしまうことはありますが、送る枚数が多くなると1部あたりのコストは下げられ、何より絶対に印象に強く残り、あなたの価値が上がります。「どうせやるなら」という考え方は他とは違うやり方を導き出すことができますし、デザインの力で見る人に新しい体験をしてもらい、そこからコミュニケーションが生まれることもあります。

従来の年賀状デザインを変えたい!と思われている方、ぜひ一度ご相談ください。一緒に考えてつくっていきましょう。他の年の年賀状デザインはまたの機会にご紹介します。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

design list

デザイン作品一覧

goods

のぼり刃物店さんの創業51周年記念缶バッジとステッカーが届きました

先日制作実績にて紹介させていただいたのぼり刃物店さんの創業51周年グッズデザインですが・・。 缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年…

2022.04.23.

logo

缶バッジとステッカーに。のぼり刃物店さんの51周年ロゴデザイン

いつもお世話になっている大阪茨木市にある老舗刃物店の「のぼり刃物店」さんより、今年も創業51周年にまつわるデザインの制作依頼をいただきました…

2022.04.07.

graphic

着るだけでデザイナーに?ニルヴァーナのパロティTシャツデザイン

実はフリーランスになってから、どうしても形にしたかったことがありまして・・。 それはデザイナーであることがわかるTシャツをつくるということで…

2022.04.02.

logo

生物科学を若者向けに親しみやすく。OMICS BASEのロゴマークデザイン

昨年末の実績になりますが、生物科学のwebメディア「OMICS BASE」のロゴを制作させていただきました。 OMICS BASEは若手研究者や学生に向けたwebメデ…

2022.03.21.

web

リブランディングを担う。SANDO BAGのwebサイトデザイン

ロゴデザイン、名刺デザインと紹介してきたSANDO BAGさんのリブランディング案件。 最後に紹介するのはブランドwebサイトです。 ブランドを再定義す…

2022.03.13.

web

宅麺.comでおなじみのグルメイノベーションのwebサイトリニューアル

コロナ禍になってからお店で飲食をすることが難しくなった一方、「おうち時間」や「おうちごはん」といったワードが一躍有名になりましたね。その延…

2022.02.25.

designをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル