DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • デザイナー志望の男子学生に「いま19歳なら何をしますか?」と問われ、答えた回答とその理由

デザイナー志望の男子学生に「いま19歳なら何をしますか?」と問われ、答えた回答とその理由

think

  • top
  • blog
  • デザイナー志望の男子学生に「いま19歳なら何をしますか?」と問われ、答えた回答とその理由

デザイナー志望の男子学生に「いま19歳なら何をしますか?」と問われ、答えた回答とその理由

2020.03.01.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先日というか、もう昨年末の話なのですが(三ヶ月くらい前)・・「webデザイナーの忘年会に参加してきた」というブログを書きましたが、その時のことをふと思い返してみると面白かったことがあったんです。

参加していたメンバーの中に「いま大学生で外国語を学べる大学に入ったものの、少し前からデザインに興味を持ちはじめ、デザイナーになりたいと思うようになった」という19歳の男子学生さんがいたんですね。

その学生さんは現在デザイン経験はないものの、自分なりにデザインの勉強をしていて、現役デザイナーの知見を得るためにはるばる埼玉から奈良まで来て、この忘年会に参加したそうです(すごい行動力!)。で、席が近かったこともあって、ボクも少しだけその学生さんとお話する機会があり、その時にこう聞かれたんです。

「いま19歳ならどんなことをしますか?」と・・。

これは目的がない状態での19歳ということではなく、あくまでデザイナーを志すことを決意した19歳の話です。ボクが19歳のときにデザイナーになりたいと思ったら・・いまの知見を持って言えることは、まずは絶対にこれです。なのでこう言いました。

「ボクなら美大へ行きますね」

なぜ美大へ行ったほうがいいか?それはデザインスキルを磨ける、デザインのことをしっかり勉強できて知識を得ることができるということはもちろんですが、それよりも武蔵美や多摩美などの有名美大へ行っておくと電通や博報堂といった大手広告代理店に入社しやすいからです。

現在、日本の有名デザイナーやクリエイターのほとんどが前述の有名美大を卒業していて、大手広告代理店に在籍していたという経歴を持っています。デザイン関連雑誌で取り上げられている人や特集記事を組まれているデザイナーやクリエイターも大体美大を出ています。よく万博やオリンピックなどのロゴデザインを公募することもありますよね?そのロゴデザインを選考・審査する人も美大や大手広告代理店に関わっている(いた)人がほとんどです。

デザイン業界は意外と経歴がものをいう

デザイナーを志ざし、一般企業に入社し、フリーランスデザイナーになってみたからこそ言えることですが、デザイナーにはいろんなクライアントがいて、大企業や中小企業、個人経営でやられているお店、一般の方など・・多岐に渡ります。しかし、哀しいかなボクのような経歴のデザイナーでは大企業と仕事できる機会は滅多にありません。

なぜなら大企業が打つ施策は世の中を動かすくらいの影響力があるので、それに見合う制作会社や広告代理店でないとバランスがとれないからです。電通や博報堂などの大手代理店にはすでに大企業との実績やノウハウ、パイプ、コネクションがあるので、わざわざフリーランスや中小の制作会社を探す必要もないんですよね・・(もちろんまったくゼロではないですよ)。

制作会社ならまだしも、個人ともなると・・やはり機会は少ないです。

デザイナーも「大は小を兼ねる」

美大に行くということは、間違いなく今後のデザイナー人生の選択肢を拡げてくれます。美大に行ったことがない人間なのであまり説得力はないかもしれないですが、デザイナーとして長年働き、デザイン業界を見てきたからこそわかることもあります。選択肢は多いほうがいい。ボクのように大手広告代理店に入れず、フリーランスになるしかない人生はなかなか大変ですよ・・(笑)。

いま19歳ならwebデザインやグラフィックデザインの勉強はしなくていい

ここから先はディープな話になるのでこのブログに書き残すだけなのですが・・(飲みの場でリアルな話するのも気が引けたんで、言っていません)もし若くしてデザイナーになりたいと思ったら、やみくもにデザインの基礎を独学で勉強する前にやらないといけないことがあります。

それは、どんなデザイナーになりたいのか?の将来像をまず描くことです。デザイナーとしての最終目標の設定です。デザイナーとして将来どうなりたいのか?デザインでどうしていきたいのか?を考えて目標をまず最初に決める。

もしデザインで世の中を大きく変えたい!と思うのならば、いまデザインの勉強などする必要はまったくありません。すぐに美大に入るための勉強をはじめてください。30歳からデザイナーを志す人はたくさんいますが、おそらくその人は美大には入れないでしょう。でも19歳ならまだ全然間に合うはずです。すぐに将来の自分のために時間を投資しましょう。

ハッキリ言って、デザインの勉強などいくら独学でやったところで実務には絶対に敵いません。その実務がどんな規模で、どんなレベルものなのか・・それによってデザイナーとしてのキャリアもスキルも大きく違ってくるのです。

将来を見据えた行動・・何に対しても大事なことですね。

将来像をまず描き、若いうちにしかできないことを考えてやることが大事

最後になりましたが、ボクが言いたいことは「デザイナーなら自分の将来までデザインしよう」ということです。悔いのないデザイナー人生を過ごしたいものですね。デザイナーを志すことを決めたすべての10代の若者たちに届きますように・・

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

favorite

ちゃんとoisixの8周目の夕食フォトギャラリーまとめ

最近は二週間に一度のペースで利用している5日間の夕食の食材とレシピが届くサービス「ちゃんとoisix」。 過去のちゃんとoisix夕食フォトギャラリー…

2021.01.27.

design_thing

【初心者向け】印刷データ入稿時につまずかないための注意点

チラシやフライヤー、ポスターなどを制作するとき、余程のことがない限りどこかの印刷業者さんに印刷をお願いすることになると思います。 印刷をお願…

2021.01.25.

think

これからは「風の時代」?ボクが思うこれからの時代の生き抜き方

少し前に相方に教えてもらったのですが、風水的に「地の時代」から2020年12月22日に「風の時代」に移り変わったそうです。この移り変わりは実に250年…

2021.01.21.

favorite

ちゃんとoisixの7周目の夕食フォトギャラリーまとめ

このwebサイトではおなじみ5日分の献立の食材が届くサービス「ちゃんとoisix」、2021年ももちろん利用していて、現在8周目が終了・・!完全に常連で…

2021.01.19.

private

東三国にある「鮨と一品 いちかわ」で30代最後の誕生日を祝う

2021年1月16日・・。 ボク・ブロキの誕生日でした。 そして30代最後の誕生日でもあり、けっこう感慨深いものがあります。来年の今ごろは40代に突入し…

2021.01.17.

design_thing

webサイト制作において「情報を隠しすぎない」ということはとても大事

意外かもしれませんが、実際に仕事でwebサイト運営をしたことがないwebデザイナーはけっこういます。 制作したwebサイトに集客し、訪れたユーザーに…

2021.01.15.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル