HUMOR in DESIGN and CREATIVE.

BUROKI


top

BUROKI blog

ブログ

  • top
  • blog
  • 今だからこそ自分のホームページを持っておいたほうがいい理由

今だからこそ自分のホームページを持っておいたほうがいい理由

think

  • top
  • blog
  • 今だからこそ自分のホームページを持っておいたほうがいい理由

今だからこそ自分のホームページを持っておいたほうがいい理由

2019.06.09.

実は去年の2月くらいに脂漏性皮膚炎を発症し、頭皮にかさぶたのような塊ができまくり、それから塗り薬などで治療していますがいまだ完治せず、この時期になっても時折頭が痒くなりフケのようは白いカスがポロポロと・・こんな感じですが毎日洗髪はしているのでご理解いただけたらと思います・・

さて、たまには真面目な画像なし長文ブログを書きます。
今や個人でインターネット上で情報発信することは当たり前になりましたよね。その代表的なものがfacebookであったりtwitterであったりinstagramであったりの「SNS(ソーシャルネットワーキングサービスの略)」。このブログを読んでくださっている皆さまも当たり前のようにSNSを利用されていることと思います。

もちろんボクもSNSはたくさん利用していて、たまに更新もしています。ですが、自分のこのwebサイトは毎日更新しています。なぜSNSよりも自分のホームページを制作して更新しているのか?今回のブログではその理由をボクなりに書いてみたいと思います。

SNSは「フロー型」、ブログやサイトは「ストック型」

少し専門的な話になりますが、SNSに何か投稿したらすぐにタイムラインを見ますよね。

タイムラインにはさっき自分がアップした投稿はもちろん、フォローしている人たちの最新の投稿がズラーっと出てきます。時間が経てば経つほどタイムラインの情報は最新のものに変わっていき、自分の投稿はタイムラインではどんどん下がっていってしまいますね。最終的に自分の最新の投稿はタイムラインではどこにいったのかわからなくなるので、自分のアカウントのページで確認することになります。情報がどんどん流れていってしまう・・これが「フロー型」というものです。SNSはいろんなユーザーの情報を活発化させるため、多くのサービスがこのフロー型を採用しています。

対してブログは書いて投稿しても自分のブログ内の最新情報としては表示されるようになりますが、自分でどんどん更新しない限りは情報が流れるということはありません。自分のブログは自分の場所のみで展開されるので、更新すればするほどどんどん自分だけの情報が蓄積されていきます。これが「ストック型」です。

SNSには流行り廃りがある

数年前、かつて皆が当たり前のように使っていた「mixi(ミクシィ)」というサービスがあります。自分のプロフィールや日々のできごとを日記に書き、同級生や懐かしい友達とネット上で再会し、趣味の合う友達を見つけ、コミュニティに参加する・・まさにSNSのパイオニア的存在で、ボクやボクの周りにいる人たちほぼ全員が利用していました。

あの当時はmixiに毎日ログインするのが当たり前になっていて、まさか使わなくなる日がくるなんて全く思ってもいませんでした。今も現存していますが全盛期の頃のような勢いはなく、もう周囲の人たちも利用しなくなり、数年前のものなのに「懐かしい」と思われるものになりました。mixi内で更新していた画像や日記などのコンテンツは今もすべてmixi内にあり、外に持ち出すことはできないし誰かにアクセスされることもありません。mixiを使わなくなった瞬間、mixi内で書いていたブログとかけた時間がすべて無駄になってしまったのです。

このようにすべてのサービスには流行り廃りが必ずあります。特にネット系のサービスは新しいサービスが誕生しやすく、飽きられるのも早いです。なので自分が日々しっかり時間をかけて更新するコンテンツは、時代に惑わされることなくいつでも見れる、見てもらえるように自分だけの場所に残しておきたい。そのためにも自分のwebサイトが必要だとボクは思います。

そしてよく見てみてください。あなたがファンになっている人のSNSの投稿を。ほとんどの人がSNS以外でブログをやっていたりしませんか?SNSはそのアプリ内で公開されるものですが、ブログはネット上で公開されるものでいつまでも見てもらえるのです。

書きたいことを自由に発信できる

SNSが登場してもう数年が経過し、ここにきてにわかに「SNS疲れ」が囁かれるようにもなってきていますね。SNSを通じていちいちつながってしまうことに対してのストレス、言いたいことが言えない、もしくは言えない状況になってしまったなど。ボク自身もそういった経験があり、「このSNSではこういう投稿はもうできないな」と感じてしまうことがあります。

そしてSNSには制限もありますね。例えばTwitterなら140文字まで、instagramなら写真は10枚まで・・自分のホームページがあればそんなストレスなく自由にコンテンツをつくれるし、決められた制限もなく書きたいこともどれだけでも書けます。

個人のクリエイティブを発揮できる場所を

AIが発達し、単純作業はすべてAIがやってくれる時代が到来し、人間はその中で何をしていくのか。これからはもっと個人にクリエイティブが求められる時代がやってきます。そのためにももっと自由に、正しいとか間違っているとか関係なく自分の個性を発信できる場所をつくっておく。とても重要なことだとボクは思っています。

自分だけのホームページをボクとつくってみませんか?

ここまでつらつらと書いてきましたが、「自分のサイトを持っている」ということは他人からの信頼感にも繋がります。コミュニケーションにも発展しやすいですしね。つくってみたいと思われている人は、どんなことでもけっこうですのでぜひご相談ください。

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめまして! BUROKIです。

ブログをご覧いただきどうもありがとうございます。ブロキと申します。ベンチャー企業のインハウスデザイナーとして11年間様々な媒体のデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います。(笑)

他にもいろんな作品の紹介やブログを書いてるのでぜひ見てみてください。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談くださいね。

ブログをご覧いただきどうもありがとうございます。他にもいろんな作品の紹介やブログを書いてるのでぜひ見てみてください。制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談くださいね。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

Latest results

最新の制作実績

blog list

ブログ一覧

private

new

宝塚記念のあとに阪神競馬場の芝コースの上を歩いてみた

宝塚記念のあとに阪神競馬場の芝コースの上を歩いてみた

昨日は上半期の競馬を締めくくる春のグランプリレース「宝塚記念」が阪神競馬場にて開催されるということで、日曜日にもかかわらず朝7時に起きて阪神…

2019.06.24.

private

new

oiパンクさく裂!パンクバンドANGER FLARESのワンマンライブに行ってきた

oiパンクさく裂!パンクバンドANGER FLARESのワンマンライブに行ってき...

昨日の夕方18時半ごろ、雨が降ったり止んだりを繰り返していた陽気のなか、ボクは長堀鶴見緑地線の西大橋駅の3番出口前にて人を待っていました。 こ…

2019.06.22.

private

new

【モーニング紹介vol.1】針中野駅前にあるcoffee house 珈音さんで食す

【モーニング紹介vol.1】針中野駅前にあるcoffee house 珈音さんで...

誰にも言ってなかったんですけど、ボク喫茶店やカフェでのモーニングがすごく好きで、休みの日の朝なんかに早起きしてよくいろんなお店でモーニング…

2019.06.21.

private

new

チェダーチーズがコクを生み出す。長居商店街にある「3738」でラーメンを食す

チェダーチーズがコクを生み出す。長居商店街にある「3738」でラーメンを食す

一昨日は少し遅めの晩ご飯。普段は在宅ワークで家にこもりっきりなので夜くらい外に出てみようと長居の方面へ行ってみました。 相方と待ち合わせる前…

2019.06.20.

think

new

もしデザイナーになってなかったら、今ごろどんな仕事をしてた?

もしデザイナーになってなかったら、今ごろどんな仕事をしてた?

以前自己紹介ブログでも書いたんですけど、ボクが正社員として就職できたのは26歳になった1月。 なんでBUROKI(ブロキ)なの?からデザイナーになっ…

2019.06.19.

think

フリーランスになってコンビニでほとんど買い物しなくなりました

フリーランスになってコンビニでほとんど買い物しなくなりました

会社員時代や引っ越しする前の2019年4月までは料理もほとんどしなかったので、ほぼ毎日外食・コンビニで食べ物を買っていました。しかし5月から引っ…

2019.06.18.

all blog list

Latest contents

最新コンテンツ一覧

Do you like "B"?

最後まで見てくださって、本当にありがとうございます。

最後まで見てくださって、
本当にありがとうございます。

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

contactお問い合わせ

snsソーシャル