DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • 【泣きたい時に】BUROKIがオススメする泣ける映画4選

【泣きたい時に】BUROKIがオススメする泣ける映画4選

private

  • top
  • blog
  • 【泣きたい時に】BUROKIがオススメする泣ける映画4選

【泣きたい時に】BUROKIがオススメする泣ける映画4選

2020.07.26.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近はそうでもないのですが、一時期(2016年から18年ごろ)映画をかなり観ていた時期があって、その頃は毎週近くのTSUTAYAで映画のDVDを4本レンタルしていました。本当に毎週いろんな映画のDVDをレンタルしていたので年間で約150作くらいは観ていたと思います。

なのにあまり映画のことはこのブログには書いていませんでした。基本的にデザインに特化したブログにしたいという気持ちがあって、今ももちろんあるのですが、「映画を観る」ということはストーリーの構成を考えるスキルを養えますし、映像のカメラワークや音楽の使い方など、制作のクリエイティブに直結する部分が多分に含まれているので、ボク的にはデザインと切っても切れないものだと思っています。

なので今回は映画のことを書いてみます。
お気に入りの映画はいくつもあるのですが、今回は「泣ける映画」というテーマで、昔は「感動する」という感情をまったく持っておらず兄弟に血も涙もないやつとまで言われたボクが本当に観賞して涙してしまったオススメ映画をご紹介しようと思います!

BUROKIアイコン

たまには泣きたいときも・・ありますよね・・

index

このブログの目次

1. グレイテスト・ショーマン

個人的に「泣ける映画」をきたら一番はじめに思い浮かぶのはこのグレイテスト・ショーマンです。

グレイテスト・ショーマンのポスターデザイン
このポスター見るだけでまた観たくなります

これは本当に良い映画なんですよ。ミュージカル映画なんですがボクもそんなになじみがあるほうではなく、はじめはよくあるミュージカル映画なんだろう的な目線でぼんやり観ていたのですが、歌姫のジェニー・リンドさんが「Never Enough(ネバー・イナフ)」を歌うシーンから一気に心掴まれましたね。「ほはっ!?」みたいな感じで・・。その歌声と演技で涙を流し、それからも約2度ほど涙し、そうなってくると止まらず、エンディングでもギャン泣き。ギャン泣きです。

エンドロールでは涙が止まらなさすぎて、泣いている反面「この涙どうしようかな・・こんなに泣いてるのバレへんようにするにはどうしたらいいかな・・」とか考えながら泣いてましたね。

まだ観たことない人にはぜひ観てほしい作品です。

2. 予告犯

これもめっちゃ泣ける映画。
というか泣けるだけじゃなくストーリーもめちゃくちゃ面白い映画です。

予告犯のポスターデザイン
生田斗真の演技けっこう好きなんです

生田斗真が主演の映画ってけっこう好きなんですが、この予告犯はその中でも別格です。

具体的なストーリーはネタバレ防止のため書かないですが、個人的には主人公がプログラマーとして働いていたIT会社の上司や同僚たちにはいま思い出しても腹が立ってしまいます・・あんなことが、少なからずボクが20代半ばくらいの頃に働いていた職場にもあったので・・あの出来事を思い出す度に「ボクももっと頑張らないと!」と思えてはいますが・・。

最後のほうのシーンは本当に泣きまくれます。最近泣いてないなという人、この映画を観ると溜まっている涙を全部放出して逆にスッキリするかもしれませんよ。

3. 湯を沸かすほどの熱い愛

この映画もめっちゃ泣きました。
観たのが3年くらい前なので具体的なストーリーは正直覚えていないのですが(どないやねん)、泣いた記憶だけは鮮明に残っています。

湯を沸かすほどの熱い愛のポスターデザイン
確か銭湯を営んでいました・・よね・・?(忘)

主演の宮沢りえさんの演技はもちろん素晴らしいのですが、娘役の杉咲花さんの演技が凄すぎて・・というか、リアリティがありすぎるんですよね。

お見舞いに行って泣きそうになってこらえて笑うシーンなんかはとても演技とは思えません。観終わったあとに「これはすごい若手女優が出てきた・・!」と余韻に浸れること間違いなしです。普段の生活でも起こりえるような映画で泣きたい人はこの作品がオススメです。

4. ライフ・イズ・ビューティフル

前職の社長にすすめられて観た「ライフ・イズ・ビューティフル」。
ボクにとっても忘れられない大切な映画になりました。

ライフ・イズ・ビューティフルのポスターデザイン
このポスターデザインも最高ですね

第二次世界大戦を舞台にストーリーは展開され、やがてナチスによって家族全員強制収容所に入れられてしまうのですが、子どもに心配かけないように主人公の父親がずっと「ゲーム」を装うんですよね。自分も恐怖で不安なはずなのに、子どもの前ではずっとゲームを楽しんでる素振りをするんです。そしてそれは死ぬ直前まで・・

この映画観ると毎回「ボクもこんな父親になりたい・・」と思うのですが・・まぁ無理でしょうね・・(涙)。ユーモアの大事さを教えてくれました。

いい大人もたまには泣きましょう

ということで、ブログで初めて映画紹介をしてみました。4選って中途半端やな!と思われた方もいらっしゃると思いますが、他に「泣ける映画」として紹介できそうな映画がボクには思い出せなかったからです・・(笑)。他にもあったと思うんですけど・・出てこなかったですね。

書いてみて思いましたが、たまには映画の話題もいいものですね。次はまた別のテーマでオススメ映画の紹介をしてみたいと思います。お楽しみに!

BUROKIアイコン

まだまだ紹介したい映画いっぱいあります・・!
スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

private

祝40歳。裏なんばにある「鮨ひでぞう」でバースデー鮨を食す

1月16日はボクの誕生日。 僭越ながらも40歳になりました。まだまだ未熟ですがこれからも頑張っていこうと思います。 毎年誕生日は相方に美味しいもの…

2022.01.23.

private

今年も露店なしドラなし!年明けルーティン今宮戎神社の十日戎で商売繁盛祈願

年が明けて家族と会って初詣に行って、9日から11日といえば・・十日戎ですよね? 毎年説明しているので不要かもですが一応。 十日戎とは一年間自分た…

2022.01.11.

think

2021年12月の活動報告。12月はこんなデザイン制作をしていました

2022年はじまりましたね。 人によっては仕事初めは11日からという人もいそうですが、BUROKI designは1月5日から仕事初めとなりました。今年も健康に…

2022.01.07.

private

年明けのルーティン。初詣とラーメンと喫茶アメリカンと天ぷら大吉巡り

家族で集まる元日から一夜明けると、毎年のルーティンになっていますが初詣に出かけました。 昨年はコロナの影響もあって、人混みを避けるべく住吉大…

2022.01.05.

private

【2022年はじめのご挨拶】新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。2022年もBUROKI designをよろしくお願いいたします。 BUROKIの家族では元日は毎年集まれる人は集まるのが恒例…

2022.01.03.

think

【2021年の振り返り】今年もBUROKI designをありがとうございました

もうすぐ2021年も終わりますね。 2020年からはじまったコロナ禍ですが、ようやく終わりが見えてきつつあるものの、すんなりとはいきませんね・・。来…

2021.12.30.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル