DESIGN IT YOURSELF.

BUROKI


top

blog

  • top
  • blog
  • ロゴデザインに使える。illustratorで手描き風の味のあるオブジェクトに加工する方法

ロゴデザインに使える。illustratorで手描き風の味のあるオブジェクトに加工する方法

design_thing

  • top
  • blog
  • ロゴデザインに使える。illustratorで手描き風の味のあるオブジェクトに加工する方法

ロゴデザインに使える。illustratorで手描き風の味のあるオブジェクトに加工する方法

2019.12.23.

スポンサーリンク

スポンサーリンク

独自の方法でデザイン制作のちょっとした小技や方法を紹介する超不定期コンテンツ「デザインの中身」。かなり久しぶりですが更新しようと思います。過去のコンテンツはこちらの一覧ページからご覧になれますので、ぜひほかのコンテンツも見てみてくださいね。

illustratorで制作をしているとデザインのテイストによっては手描き風の、ちょっと線が揺れているような加工にしたいときがあります。例えばクラフト(手づくり)感を出したいときや、温かな印象を与えたいときなどです。そんなときは少し味のあるロゴや文字にすると、より雰囲気を出すことができます。

今回のデザインの中身では、ボクがよく使う手描き風にオブジェクトを加工するやり方を紹介します。

index

このブログの目次

1. 「パスの変形」から「ラフ」を選択

まずはillustratorを開き、加工したいロゴやオブジェクトのファイルを開きます。

加工したいロゴやオブジェクトを開く

そしてそのオブジェクトを選択し、上のメニューバーの中から「効果」を選択、サブメニューの「パスの変形」→「ラフ」を選択します。

パスの変形からラフを選択

すると、画像のようなラフのダイアログボックスが表示されます。

ラフのオプションの「サイズ」はラフの振れ幅で、「詳細」は密度といった感じです。今回は少しだけ味のあるテイストになればいいと思っているのでサイズは0.71mmにして詳細は7inchとしました。サイズの値が大きければ大きいほどラフの振れ幅が大きくなり、詳細の値が多いほどギザギザ感が増します。

「ポイント」はラフの角を丸くするかギザギザにするかを選択できます。ボクはいつもギザギザを選んでいるので、ギザギザでやってみます。

それぞれの値を入力してラフを適用

これでオブジェクトにラフは仮適用されました。

このままではラフの効果のみの適用になってしまうため、上のツールバーから「オブジェクト」→「アピアランスを分割」を選択し、ラフ効果を施したオブジェクトにします。ここ少し説明が難しいですが、アピアランスを分割することで施した効果がすべて完全適用になります。逆に言うと完全に適用されてしまうのでその後の調整が不可能になります。アピアランスを分割する前にその効果で本当にいいのか、しっかり確認しましょう。

アピアランスを分割する

アピアランスを適用後、拡大してみます。

するとオブジェクトの線がギザギザになっているのがわかりますね。これでギザギザのラフ効果が適用されたということになります。

ラフ効果が完全適用されたオブジェクト

このラフ効果は文字通り「ラフ」であるため、オブジェクトの大きさや形によってラフがどのように適用されるのか、千差万別です。なので自分のイメージに合ったラフ効果が得られるまで数値がサイズなど何度も試行錯誤してみてくださいね。

2. オブジェクトの「角を丸くする」

ラフ効果を適用したら次の工程に進みます。今のままではオブジェクトがギザギザのままで雑な印象を与えてしまうので、ギザギザになっている部分の角を丸くしていきます。

もう一度オブジェクトを選択し、ツールバーの効果から「スタイライズ」→「角を丸くする」を選択します。

スタイライズから角を丸くするを選択

するとさきほどのラフと同じく角を丸くするのダイアログボックスが表示されます。どれくらい丸くしたいのか、数値を入力して「 OK」ボタンを押します。今回は1.5mmとしました。

角を丸くするのダイアログボックス

OKを押すと角が丸くなったのがわかると思います。この丸くなった加減が自分のイメージを合わない場合は、コントロールキーとZキーでひとつ戻って「角を丸くする」をやり直すといいと思います。

角が丸くなったオブジェクト

角を丸くするを適用したあと、さきほどのラフと同じくアピアランスを分割し、角丸効果を確定させます。

同じくアピアランスを分割

これで完成です!
工程としては2工程。数値によって出来栄えは変わりますが、手順としては難しくないと思います。

完成したロゴ

左側は効果適用前、右側は適用後です。比較してみると全体的に角が丸くなり、手づくり感のある温かな雰囲気のロゴができました。ロゴだけでなく文字にも適用させることができるので、いろんな用途で役立つと思います。

3. この方法で実際につくったもの

このラフと角丸効果を利用してボクのスローガン「DESIGN IT YOURSELF」のロゴを制作し、連絡先を教えるための名刺「タイト名刺」の裏面にプリントしました。

ライト名刺デザイン

いい感じの名刺をつくることができたと思います。よかったらぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

BUROKI写真

BUROKI写真

はじめましてBUROKIです。

ベンチャー企業にて11年間webやグラフィックデザインとブランディング経験を経て、2019年5月よりフリーランスデザイナーになりました。完全独学でフリーランスになった異色の経歴の持ち主だと思います(笑)

制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。デザイン制作のご依頼やお問い合わせなども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ベンチャー企業でマスターデザイナーとして働いた後、フリーランスになりました。制作実績やインハウスデザイナーのことなど日々更新しています。制作のご依頼なども受け付けてますので、なんでもお気軽にご相談ください。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼・お問い合わせ

related contents

関連コンテンツ一覧
スポンサーリンク

文鳥とデザイナー

スポンサーリンク

blog list

ブログ一覧

private

初めての広島旅行・後編。濃霧のなかフェリーに乗って宮島へ向かう

広島旅行ブログの後編です。 二日目も朝から雨が降っていて、宮島へ向かうフェリー運行してるかな?と不安になる天候だったのですが、なんとか出かけ…

2022.06.22.

private

初めての広島旅行・前編。梅雨入り当日に2泊3日で広島へ行ってきました

少し前の6月14日から16日までの三日間、去年の京都旅行以来の旅行へいってきました。 今回はあまり日数がとれなかったので比較的近くで、かつボクが…

2022.06.19.

think

【うれしい話】デザインの可能性を改めて感じる出来事がありました

つい先日のことなのですが、ある方からご連絡をいただきました。 その方は約5年ほど前、ボクがまだフリーランスになる前にロゴ制作を担当させていた…

2022.06.11.

think

2022年5月の活動報告。5月はこんなデザイン制作をしていました

5月はプライベートでどこにも外出しなかったので、サムネイルにする写真がなく、活動報告のサムネイルとしては初めてフリー写真を使用しました(笑)…

2022.06.07.

think

AirPods Proを使っているボクが買う前に気になるところを解説してみた

今年になってようやく新しいiPhoneに変更したのですが、いざスマホで音楽を聴こうとしたところ、iPhoneの本体にイヤホンジャックがついていないこと…

2022.06.01.

private

ブロキの日本ダービー予想2022。今年の1着はあの馬で間違いなし!?

毎年5月末になると、ある一大イベントに向けて自然と準備モードに入ってしまいます。そんな一大イベントとは・・そうです。「日本ダービー」ですね。…

2022.05.29.

blogをもっと見る

制作のご相談・お問い合わせはフォームから

デザインのご依頼や予算のご相談、お問い合わせなどお気軽にお問い合わせください。
また、書いてほしいブログのリクエストやファンレター(笑)もお待ちしております。

問い合わせフォームはこちら

topトップページ

aboutブロキについて

designデザイン

voiceお客さまの声

blogブログ

films制作動画

cassetteカセットテープ

snsソーシャル